緑の濃い野菜

アルカリ性食品を食べた方が良い理由とは?アルカリ性食品の摂りいれかた

食品にはアルカリ性食品と酸性食品があり、アルカリ性食品が体に良いというのを聞いたことはありませんか?

健康を保つにはどちらもバランス良く摂りいれることが大切ですが現代の私たちの食事は酸性に偏りやすい食品があふれています。

体の健康づくりをサポートするアルカリ性食品の摂りいれ方について食生活を見直してみましょう。

ポイントは体のpHバランス

食品のアルカリ性・酸性は、大きくはその食品がミネラルを多く含むかどうかによります。ミネラル量が多ければアルカリ性、少なければ酸性です。

「pH」とは水素イオン濃度のことで、アルカリ性と酸性の度合いを14の数値であらわしています。数値が高くなるほど強アルカリ性で、数値が低くなるほど強酸性となり、pH7が中性となります。

「pHバランス」とは血液のアルカリ性と酸性のバランスのことです。人の体は約60%が水分で、その体液はpH7.35~7.45という微妙な数値(弱アルカリ性)に保たれています。

このpH値は少しでも崩れると生命活動に影響をもたらすほど重要なものです。

アルカリ性食品を多く食べたり、酸性食品を多く食べても、人間にはもともと備わっている生体恒常性機能(ホメオスタシス)によって体内では常に弱アルカリ性に調整されています。

体は酸性に傾いてもアルカリ性に傾き過ぎてもだめなのですが、毎日の生活の中で食べる食品の多くは酸性食品なのです。

酸性食品は肉類、魚介類、ハム・ソーセージなどの加工食品、脂肪分の多い食品、卵、白米やパンなどの穀物、乳製品、砂糖、清涼飲料水、コーヒー、お菓子、揚げ物の油、添加物、化学調味料、農薬などほとんどが酸性食品ということです。

これらの酸性食品を多く食べていると血液が酸性に傾き、体のいろいろなところに影響が出ます。体の恒常性機能によって、血液のpHバランスを保とうとすると、骨の中のカルシウムからアルカリ成分を引き出すのです。

そのため、酸性食品ばかり食べていると骨の中のカルシウムが奪われてしまいます。カルシウムは体の中で重要な働きをしています。

カルシウムの働きについて

カルシウムが不足すると骨粗鬆症の原因となるだけでなく、動脈硬化や高血圧、心疾患、認知症、免疫力低下、糖尿病、アレルギー症状の悪化、老化促進、肥満、イライラしやすいなど精神面へも影響を及ぼします。

ただ、酸性食品を食べないようにしましょうということではなく、魚や卵など良質なたんぱく質は健康にも老化予防にも必要な栄養源です。

これらの酸性食品を食べる時に一緒にアルカリ性食品を摂りいれて中和すれば良いのです。食事にアルカリ性食品があれば、骨からのカルシウム流出を防ぎ、pHバランスが保たれるようになります。

注目したいアルカリ性食品

生の野菜

野菜はビタミン、ミネラル、抗酸化物質など健康な体に必要な栄養が豊富に含まれたアルカリ性食品です。ただ、生の野菜はアルカリ性ですが、加熱すると酸性に傾き、酵素も失活してしまいます。

生野菜には消化吸収に役立つ酵素や抗酸化物質が含まれているため、体内で消費される酵素が節約され、健康維持、アンチエイジングにも効果が期待できます。

我が家では温野菜と生野菜を両方摂り入れています(生野菜の方が多め)。小松菜やほうれん草など葉物野菜は生でも食べやすいです。これに純粋なオリーブオイル天然塩をかけていただきます。

また、野菜の多くの場合は農薬や化学肥料を使って育てられています。植物内部に浸透した農薬は洗い流すことができませんし、農薬や土壌汚染により栄養が少ない痩せた土地で作られた野菜は、ミネラルが減少しています。

そのため有機栽培・自然栽培の野菜を選ぶこともポイントです。無農薬の小松菜などはえぐみがなく、生でも美味しく食べられますよ。

日本の農薬使用量は世界トップレベル!国産の農作物は安全ですか?

梅干し

梅干しはカルシウム、カリウム、鉄分、リンなど豊富なミネラルと天然のクエン酸を含むアルカリ性食品です。

牛肉100gの酸性を中和するのにきゅうりなら900g必要ですが、梅干しの場合はたった5g程度で十分な作用がある優れたアルカリ性食品です。

味噌汁

味噌の原料となる大豆、塩や、味噌汁の具としてよく使われる豆腐、海藻類、きのこ類、いもなどの根菜類はアルカリ性食品です。

そのため味噌汁は、ほぼすべてアルカリ性食品ということになります。

味噌汁は食材の栄養を体内に消化・吸収しやすくして胃腸の働きを助けたり、アルコールの排出を促し肝機能の保護、老化防止、生活習慣病予防、認知症の発症を低下させるなど多くの健康効果に期待できます。

1日3杯以上の味噌汁で乳がん発症のリスクが40%減少するという研究報告もあります。

味噌は日本のスーパーフード!体に嬉しい本物の味噌の選び方ポイント

海藻類

わかめ、もずく、ひじき、めかぶ、海苔、昆布などの海藻類は食物繊維が豊富で、優れたミネラルバランスを持つ強アルカリ性食品です。

わかめは水溶性食物繊維のアルギン酸が含まれ、体内に蓄積した有害物質などを排出する働きがあります。

海苔はビタミン・ミネラルが豊富で、カルシウムの吸収を高めるビタミンDも豊富。海苔1枚で卵2個分のビタミンAを含んでいます。

昆布に含まれるヨードは新陳代謝を高める甲状腺の働きを促したり、必須ミネラルのほとんどを含み、塩分の排出を助け、腸内環境を整える最強アルカリ性食品です。

味噌汁に使う出汁を市販のできただしパックなどではなく、昆布や干し椎茸からとると、ミネラル豊富なアルカリ性味噌汁が出来上がりますよ。

生命組織に欠かせないミネラルの重要性「ミネラルは栄養の世界のシンデレラ」

こんにゃく

実はこんにゃくは、pH11以上の強アルカリ性食品なのです。こんにゃく芋の主成分であるグルコマンナンは急激なアルカリ反応によって凝固する性質を持っています。

この性質を利用してこんにゃく芋の粉末に水と、アルカリ性の水酸化カルシウム等を加え凝固させてこんにゃくは作られています。

こんにゃくは水分が90%以上と低カロリーで食物繊維やカルシウム、お肌に良いセラミドも含まれています。食事の最初の方に食べると血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる作用もあります。

生芋こんにゃくには美肌成分セラミドがたっぷりだというのを知っていますか?

アルカリ性食品を増やす

酸性食品に偏った食生活をしていると病気やアレルギーを起こしやすい体質になってしまいます。

酸性食品を食べたらアルカリ性食品も一緒に食べれば良いのです。

肉食や甘いもの好き、お酒好き、アレルギーを起こしている方は特にアルカリ性食品を意識して摂り入れてみましょう。

 

食生活アドバイザー。スキンケアスペシャリスト。温泉ソムリエ。アラフォー女性健康美容ライター。 ストレスから睡眠障害、喘息発症、帯状疱疹を患う。夫は進行性の神経難病を患っています。 これまでの経験から栄養学、免疫学などを学び、難病の進行抑制、エイジング対策に情熱を注いでいます。
投稿を作成しました 162

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る