新食感アイスプラントで脂肪燃焼パーキンソン病にも有効?

アイスプラントは葉や茎の表皮をおおっている水滴のような見た目が印象的です。私もはじめてスーパーで目にした時はじっと見つめてしまいました。

ほのかな塩気とぷちぷちとした食感、そしてきらきらと輝くグリーンが魅力な野菜です。

アイスプラントとは?

きらきら輝くアイスプラント

アイスプラントは表面がきらきらと輝き、肉厚な葉とぷちぷちとした食感が特徴的で、ほんのり塩味のする不思議な野菜です。

アフリカや西アジア、ヨーロッパが原産のハマミズナ科メセンブリアンテマ属の植物で、学名はクリスタルナムといいます。葉や茎の表面にきらきらとした水滴のような粒で覆われていることから名づけられたそうです。

他にも水晶のような輝きから「クリスタルリーフ」と呼ばれたり、産地や農家によって「ソルトリーフ」「プッチーナ」「シオーナ」「雫菜」などの別名があります。

輝く正体はブラッダー細胞

多くの植物は塩分の高い土壌ではミネラルバランスを崩してしまうため育つことが厳しくなってしまいます。一方、アイスプラントは塩生植物に分類され、乾燥や塩害に強い性質を持っています。

そのためアイスプラントは海水レベルの塩分濃度でも耐えられるほどたくましい野菜なのです。 たくましさの秘訣はきらきらと輝く表皮にあります。

葉や茎の表面を覆っている水滴のような粒々は「ブラッダー細胞」という塩分を隔離するための細胞です。

これは乾燥や塩害という厳しい環境ストレスから植物自身を守るために発達した細胞で、土壌等に含まれる塩分(ナトリウム)を吸収すると自ら水と塩分を分離し、ブラッダー細胞に過剰な塩分のみをたくわえておくことができるのです。

アイスプラントは他の野菜よりも多くのカリウムを含んでいるため、ブラッダー細胞内外の浸透圧を調整することができるといわれています。

乾燥に強く、耐塩性のあるアイスプラントのメカニズムは、砂漠や干拓地などの塩害対策としての研究もすすめられ、多方面での活躍が期待されています。

アイスプラントの栄養効果

脂質代謝を促進パーキンソン病にも有効?

アイスプラントには他の野菜には含まれていないイノシトール類(ビタミン様物質)のピニトールやミオイノシトールが含まれています。

これらの成分は体に脂肪を溜めにくくする抗脂質ビタミンの働きがあるため肥満予防や中性脂肪の対策となったり、肝機能障害の改善、脂肪肝予防、血糖値抑制、コレステロールの増加を防ぐなど生活習慣病対策に期待されています。

また、脳の神経難病であるパーキンソン病の動物モデル実験では運動症状の改善や寿命を延ばすことができたと発表されています。

他にも認知症の改善や抗うつ作用などがあるとされ、アイスプラントの健康機能活性成分に注目が集まっています。

“参考資料:ヒューマンサイエンス振興財団|石田教授によるパーキンソン病モデル動物研究”

ブラッダー細胞は豊富なミネラル

アイスプラントはナトリウム(塩分)の他にも、カリウムやカルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラルを吸収する働きに優れ、ブラッダー細胞には豊富なミネラルが蓄えられています。

ミネラルは私たちの身体の健康機能を維持するために必要な5大栄養素のひとつです。ミネラルは身体の調子を整えたり、身体の構成成分となり、神経系や代謝機能、免疫機能、美肌のためのコラーゲン生成にもかかわっている重要な成分です。

そんなミネラルですが、体内でつくり出すことはできず、また現代では不足しがちな栄養素だといわれているので、食事などから積極的にとりいれていくことが大切です。

美と健康に亜鉛が必要な理由

アイスプラントの食べ方と保存方法

生食がおすすめ

アイスプラントはシャキシャキとしたみずみずしい食感や、ほんのり塩気のある数少ない野菜なので、栄養素を丸ごと食べられる生食がおすすめです。

サラダやメインのおかずに添えたり、サンドイッチにはさんでも鮮やかな緑と食感を楽しめます。 また、天ぷらにしても美味しくいただけます。

ビタミンやミネラルなどの栄養素は茹でると流れてしまいますが、衣をつけて油で揚げることによって栄養が逃げにくくなります。

保存方法

アイスプラントは乾燥しないように軽く湿らせた新聞紙やキッチンペーパーでくるんでからビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。

4~5日は大丈夫ですが、シャキシャキとした食感や生食を楽しむなら早めに召し上がった方が良いです。

アイスプラントの注意点

アイスプラントは塩分だけでなく様々なミネラルを吸い上げる力が強いので、土壌中の重金属なども吸収し、ブラッダー細胞に蓄積してしまう恐れがあります。

そのため多くのファームでは、土壌の性質の影響を受けにくい水耕栽培や養液栽培を行っています。 自宅で栽培する場合や、スーパー等で買い物をする際は、栽培方法に注意してみましょう。    

 

食生活アドバイザー。スキンケアスペシャリスト。温泉ソムリエ。アラフォー女性健康美容ライター。 ストレスから睡眠障害、喘息発症、帯状疱疹を患う。夫は進行性の神経難病を患っています。 これまでの経験から難病の進行抑制、心と体の健康、エイジング対策探求に情熱を注いでいます。
投稿を作成しました 169

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る