きれいな白目は若々しく魅力度アップ!クリアな瞳になる方法

目の白目の部分がきれいな白色をしていると、それだけでみずみずしい目元と若々しく魅力的な印象をあたえます。

普段から目が充血しやすかったり、白目が黄味を帯びてにごっていたりするのはなぜでしょう。加齢による影響もありますが、日常の生活習慣に原因がある可能性も考えられます。  

白目の充血やにごりの原因

紫外線やブルーライト

肌老化の主な原因は約8割が紫外線によるものといわれています。そして、肌以上に紫外線の影響を受けやすいのが目です。

紫外線は目から脳下垂体を通りメラニンの合成を促進するので、目から入ってくる紫外線によるダメージは実はかなり大きく、紫外線カット効果のあるサングラスをかけるなど注意が必要です。

紫外線は目の中で活性酸素を発生させ、ダメージが蓄積されると目の充血やシミが発生して白目がにごったり、黄色っぽい白目になってしまう原因に。

パソコンやスマートフォンの長時間の使用で目を酷使することによる目の充血、ドライアイ、疲れ目、老眼の加速にもつながります。

また、パソコンやスマートフォンから発生するブルーライトには太陽の次に高いエネルギーの紫外線が含まれているので、目だけでなく肌へもダメージをあたえてしまいます。

肝機能の低下

喫煙習慣があったり、お酒の飲み過ぎ 食べ過ぎといった食生活を続けていると、血液の浄化をしてくれる肝臓に負担をかけ、肝機能が低下してしまいます。

お酒を飲むと目が充血したりしませんか?肝臓は目と密接につながっているので、毛細血管が集まっている白目の部分に影響が出やすいのです。

充血が続いていたり黄味を帯びている場合は肝機能の低下も考えられます。

加齢やストレス

白目の表面を覆っている膜を強膜といいます。子どもや赤ちゃんの白目はこの強膜が薄い為に青みがかった透明感のある白色をしています。

加齢とともに強膜は厚くなっていき、透明感が失われ、にごりや黄味の原因となってしまうのです。

ほかにも目が充血してしまう原因は、寝不足やストレスにより目に十分な酸素と栄養がいきわたらなくなってしまうから。

そうなると充血だけでなく目が疲れやすくバリア機能が弱くなってしまいます。 そして、目を酷使すると脳がストレスを感じお肌へも影響を及ぼします。

お肌の免疫機能が弱まり、吹き出物や、シミ・シワ、乾燥など、様々な肌トラブルの原因になってしまうことも。 また、長時間のコンタクトの装着や花粉症などのアレルギー症状も目が充血しやすくなります。

みずみずしい白目の対策

紫外線対策

外出の際は紫外線対策をしっかりと行い、日差しが強い場合はUVカット効果のあるサングラスで瞳を紫外線から守りましょう。

パソコンやスマートフォンなどを長時間使用する場合にはブルーライトを軽減するシートを張ったり、ブルーライトカット眼鏡やディスプレイ調整などで対策をします。

目を酷使しない

長時間のテレビや読書、ゲーム、スマートフォン、パソコン、映画などを見たり、コンタクトのつけっぱなし、睡眠不足などで目が充血するのは、目の疲労により角膜が多くの酸素や栄養を必要として、毛細血管が拡張するためです。

コンスタントに休憩をとり、目を休ませてあげることが充血解消につながります。夜は遅くても12時前までには就寝し、良質な睡眠と十分な睡眠時間を確保しましょう。

肝機能を改善する

肝機能を高めるためには、まず肝臓への負担を軽減していきます。加工食品や化学添加物の多い食品など、自然からかけはなれた食品を減らします。

肝機能を高めるビタミンや酵素が豊富なオーガニック食材を選ぶようにしたり、ミネラルバランスが整っている天日塩や良質な油、発酵食品の味噌・大豆・醤油など、本来の菌や自然の持つパワーがある食材を選んで摂りいれていくことが大切です。

また、暴飲暴食を避け、1日の中でお腹が鳴るくらいの空腹時間をつくることも肝機能の改善に効果的です。

そして、百薬の長といわれているお酒が体に良いのは適量までです。二日酔いになるほど飲み過ぎて肝臓に負担をかけないようにしましょう。

目のエクササイズ

目のピントを合わせにくくなったり、加齢により目の筋肉が凝り固まりやすくなるのは毛様体筋の衰えともいわれています。

若くても目を酷使しているとスマホ老眼や毛様体筋が衰えている可能性もあります。

目のエクササイズで固くなった毛様体筋を柔軟にしたり鍛えることで、目に必要な酸素や栄養がいきわたりやすくなります。

その結果、老眼予防と同時に、きれいな白目を取り戻せる効果も期待できます。

目のエクササイズ方法

  1. 顔の前に指を1本を立てて、目のピントが合うところまで指を近づけ真っ直ぐ前方を見ます。
  2. 次に指先の延長線上にある最も遠くの景色や目標物に目のピントを合わせます。
  3. 顔の前にある指と、遠くの景色や目標物を交互に見るのを数回繰り返します。

白目を白くする目薬

目の疲れや充血を取り除く作用のある目薬や、フランス製の美白目薬「ブルードロップ」などがあります。 これらは即効性はありますが根本的な改善にはつながりません。

一時的に血管を収縮する作用によるものなので頻繁に使っていると、反動で毛細血管が増えてしまい逆に充血しやすい目になってしまう恐れがあります。

写真撮影やデート、イベント時など、特別な時だけに使うようにして、常用するのは避けたほうが良いでしょう。

白目のために効果的な栄養素

アントシアニン

アントシアニンは網膜を活性化し血行を促進して、疲れ目の解消、視力を回復してくれる作用があります。

ポリフェノールの一種であるアントシアニンはブルーベリーや黒豆、赤ワインなどに含まれていますが、特に含有量が多いのはマキベリーです。

マキベリーに含まれるアントシアニンの含有量は、なんとアサイーの5倍、そしてブルーベリーの14倍も含まれているというスーパーフルーツなのです。

ビタミンA

目の網膜にある細胞が光の明暗を感じたり、スクリーンの役割をしていて、この働きを助けてくれるのがビタミンA(カロテン)です。

ビタミンAは細胞を強化し、皮膚や目の粘膜を丈夫にしてくれます。 ビタミンAを多く含む食品はイワシ、鰻、イカなどの魚類や、にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、小松菜、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれています。

油に溶けやすい性質なので、良質なオイルと一緒に摂取すると体内への吸収率が高まります。

ビタミンB群

ビタミンB群は美肌にも欠かせない成分で、ビタミンB1、B2、B6、B12、パントテン酸、ナイアシン、葉酸、ビオチンなど8種類あります。

代謝を促進し、細胞再生、肝機能向上、目をとりまく筋肉の疲れをやわらげ、目の神経を活性化してくれる働きがあります。

ビタミンB群は豚肉、レバー、卵、味噌・大豆・納豆、ぬか漬け、椎茸、焼きのり、貝類、イワシ、サバ、サンマ、トマト、ほうれん草、小松菜、ヨーグルト、ナッツ類など。

ルテイン

ルテインはカロテノイドの一種で私たちの体にも元々存在し、特に目の水晶体や網膜の黄斑部に多く存在しています。

ルテインはパソコンやテレビなどから発生するブルーライトによるダメージを抑え、老化の原因物質である活性酸素を抑制し、目の健康を守ってくれています。

黄斑変性症、白内障、老眼、飛蚊症、視力低下、眼精疲労の改善に良いとされています。 ルテインを多く含む食品は、ほうれん草、キャベツ、ブロッコリー、マリーゴールドの花など。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸のDHAは脳に良い成分として知られていますが、目の網膜にある脂肪の中にも多く存在し、目の健康維持には欠かせない働きを持ちます。

網膜のおよそ40%から60%を構成するDHAは目の細胞膜をしなやかにし、網膜機能を高め、目の毛細血管の血流を改善します。

ドライアイ、老眼、疲れ目、充血の改善など様々な効果を期待できます。 DHAは主に青魚に多く含まれています。サバ、イワシ、サンマ、マグロなど。

また、南極オキアミから抽出したクリルオイルも目の健康をはじめ、健脳や肝機能アップ、肌にも良い成分として魅力的です。

クリルオイルはDHAと抗酸化作用のあるアスタキサンチンを含み、リン脂質結合型オメガ3脂肪酸という脂肪酸組成が、魚油よりも体内に吸収されやすい性質を持っています。

ほかに、ハブ茶やメグスリノ木茶も疲れ目や充血解消に効果を期待できます。

すこやかでクリアな白目に

白目の部分が充血していたりにごっていたりすると、せっかくきれいなアイメイクをしていても、魅力が半減し疲れている残念な印象をあたえてしまいます。

それから、歯はホワイトニングなどで白くできますが、白い歯は余計に白目の充血やにごりを目立たせてしまうこともあります。

子供や赤ちゃんの目をみると一目瞭然で輝く白目の美しさに魅了されます。血流が良く、すこやかな白目はほんの少し青みがかった白色をしています。

怠りがちなアイケアですが、お肌や髪のケアとともにアイケアも意識して白目の美しさと瞳の健康を維持をしていきましょう。  

 

食生活アドバイザー。スキンケアスペシャリスト。温泉ソムリエ。アラフォー女性健康美容ライター。 ストレスから睡眠障害、喘息発症、帯状疱疹を患う。夫は進行性の神経難病を患っています。 これまでの経験から栄養学、免疫学などを学び、難病の進行抑制、エイジング対策に情熱を注いでいます。
投稿を作成しました 144

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る