hachimitu

はちみつ パワーで美肌 ニキビケアも!はちみつ スキンケア方法

 はちみつ は、美容、健康、風邪予防、傷口への殺菌効果としてもマルチな栄養素を持ちあわせている優れた食品です。

美容や健康のために日々摂取するとともに、スキンケアに取り入れることでワンランクアップの美容効果を期待できます。

加熱や加工処理され栄養素が減少していない純粋はちみつや、生はちみつを使って、みつばち達が集めてくれた自然のビタミン・ミネラル・ポリフェノールなどの抗酸化パワーを享受し、肌本来の力を引き出し活性化させていきましょう。  

はちみつの美肌効果

しっとり保湿

はちみつ には18種類ものアミノ酸が含まれています。アミノ酸は水分を保持する役割の表皮の角質細胞にあるNMF(天然保湿因子)の生成を促し、優れた保湿効果で、うるおいを閉じ込めます。

シミ・シワ・美白効果

肌の新陳代謝を促し、皮膚や粘膜を保護してくれるビタミンB1、B2、皮膚の生成をサポートするビタミンB6、シミのもとメラニンの生成をおさえるビタミンCの効果により、シミ・シワ・美白効果を期待できます。

ピーリング効果

はちみつには軽いピーリング作用もあります。加齢や肌トラブルなど、正常なサイクルで肌のターンオーバーが行われていないと、肌の角質が厚くなったり、シミ・シワ・乾燥・吹き出物などの原因となってしまいます。

はちみつは肌の古い角質を落としてターンオーバーを活性化し、毛穴対策にも有効です。

抗酸化作用でエイジングケア

ビタミン・ミネラル・ポリフェノールなどの強力な抗酸化成分により、老化の大きな原因の一つでもある細胞の酸化を抑制し、エイジングケアに役立ちます。 紫外線や肌トラブルなどで傷んだ肌の修復をサポートしてくれます。

ニキビや肌トラブルを改善

はちみつ に含まれている殺菌成分(過酸化水素)には殺菌・消炎作用があり、ニキビの原因である悪玉アクネ菌の増殖を抑えてくれます。

そして、はちみつ に含まれるグルコン酸(有機酸)はお肌の善玉菌を増やしてくれる働きがあるので美肌へと導いてくれます。  

はちみつスキンケアの種類

クレンジングや洗顔料にプラス

普段使っているクレンジングや洗顔料に はちみつ を数滴混ぜて洗顔します。割合はクレンジングor洗顔料とはちみつが4:1ぐらいで、はちみつ を少し加えるイメージです。

はちみつ の配合量が多くなるほど洗顔料は泡立ちにくくなり、洗顔料としての機能(余分な皮脂や汚れ等)が果たせなくなってしまうこともあるのでお使いの洗顔料によって はちみつ の量を減らすなど調整してみてください。

ポイントは、洗顔料は はちみつ を加えると泡立ちにくくなってしまうので、先に泡立ててからはちみつを少し加えます。

洗顔後は肌の細胞が活性化され、はちみつ の保湿効果で洗い上がりのつっぱり感が軽減されます。

はちみつパック

洗顔後に大さじ一杯程度のはちみつを顔全体に塗布し、10~15分ほどしたら洗い流します。毛穴が開き、浸透性も高まる入浴時にするのも良いでしょう。

浴室内の温度で適度にはちみつが温まり伸びが良く、塗りやすくなります。タオルで軽く水分をふき取り、全身パックもおすすめです。

古い角質を取り除き、パック後は肌の透明感がアップして、しっとりもち肌に! 乾燥しがちな唇に、はちみつ リップパックもおすすめです。

はちみつ を唇に塗って、小さくカットしたラップを貼ります。5分ぐらいしたら洗い流します。 口に入っても安全で、荒れた唇をやさしくケアしてくれます。

化粧水・乳液・クリーム等にプラス

普段使いの化粧水や乳液、クリームに、はちみつ をほんの少しプラスするだけで、スペシャル美容液のようになります。 はちみつ の作用で肌の保湿力が高まり、肌がやわらかく、もちもちとした質感になります。 

保湿効果の高い はちみつ は化粧水にほんの少し混ぜるだけでも肌がしっとりうるおいます。 ポイントは、耳かき1さじ程度の はちみつ を化粧水やクリーム等に手の温度でなじませながら混ぜていくことです。

はちみつ は効果が高い分、量が多くなってしまうとベタベタしてしまうし、逆に刺激を与えてしまい肌トラブルの原因となりますので、洗い流すパックなどと違い、少量に注意しましょう。

手作りボディスクラブ

新陳代謝を高め角質除去を求めるなら

  • オリーブオイル又はココナッツオイル、塩、はちみつ⇒ 割合は1:1:1

乾燥が気になる保湿重視を求めるなら

  • オリーブオイル又はココナッツオイル、砂糖、はちみつ⇒ 割合は2:1:1

 

ポイントは、スクラブはゴシゴシ擦ると肌をいためてしまうので、バスタイムで体がしっかり濡れてる状態でスクラブと水分を溶け合わせながらマッサージしていきます。

スクラブマッサージの頻度は週に1~2回が目安。肌の角質が取れ、すべすべしっとりとしたモチ肌に。足裏の硬くなった角質にも効果的です。

また、砂糖はミネラルが豊富な黒砂糖を使用するとことで贅沢なボディスクラブに仕上がります。

 
 

最後に

はちみつ は美容効果や殺菌力が高い分、肌に塗布する量が多過ぎたりすると刺激となり、逆効果にもなりかねません。(パック等で数分後に洗い流す場合はたっぷり塗布してもOK)

一方、はちみつ に対してアレルギーのある方や1歳未満の乳児には注意が必要です。また、敏感肌の方など個人差がありますので、あらかじめパッチテストをするなどして気をつけましょう。

さまざまなアレンジを楽しめる万能な はちみつ ですが、はちみつ のパワーを最大限享受するためには、できるだけ純粋でオーガニックな 生はちみつ を選ぶことも大切です。

はちみつ ケアを継続していくことで肌荒れやニキビ予防につながり、肌に活力を与えてくれます。

肌のターンオーバーが促進され、シワや乾燥予防、ワントーンアップした明るいモチ肌を手に入れましょう。

  ”純粋はちみつ” 実は純粋じゃないかも?  

 

食生活アドバイザー。スキンケアスペシャリスト。温泉ソムリエ。アラフォー女性健康美容ライター。 ストレスから睡眠障害、喘息発症、帯状疱疹を患う。夫は進行性の神経難病を患っています。 これまでの経験から栄養学、免疫学などを学び、難病の進行抑制、エイジング対策に情熱を注いでいます。
投稿を作成しました 144

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る