肌荒れや肌老化の原因は女性ホルモンと肝機能低下の可能性?

私たちの身体の健康維持や老化の予防に欠かせないホルモンの種類はなんと、100種類以上もあるといわれています。

ホルモンの親玉である「DHEA」をはじめ、男性らしい筋肉や体つきをつくる「テストステロン」、睡眠中に傷ついた細胞の修復・再生をしてくれる「成長ホルモン」、睡眠の質を左右する「メラトニン」や美肌とアンチエイジングには欠かせない女性ホルモンの「エストロゲン」などがあります。

中々治らない肌荒れの原因は、ホルモンバランスの乱れや肝機能の低下が原因かもしれません。「肌は内臓の鏡」「見える臓器」といわれるように、お肌との関係を見直してみましょう。  

肝臓の主な働き

肝臓の主な働きとして代謝や解毒といった大きな役割があります。そして、現在判明しているだけでも肝臓は500種類以上もの仕事を同時に行っており、これらは肝臓にあるなんと約2000種類以上もの酵素によって生命維持活動に必要な働きが行われているのです。

代謝の役割

食べ物から摂取した栄養素は胃や腸で吸収され、体にとって必要な栄養素を肝臓で分解し貯蔵します。そして必要に応じて貯蔵した栄養成分をエネルギーとして体に送りやすい形に変換し、全身の器官や臓器へと供給してくれるのが肝臓の代謝機能です。

代謝には、糖や脂質の代謝、たんぱく質の代謝などがあり、肝機能が低下すると代謝がスムーズに行われなくなってしまいます。

解毒作用

食品やサプリメント等に含まれる添加物や薬物、アルコールなど、体にとって有害な物質を毒性の少ない水溶性物質に分解し、尿や胆汁に排泄して解毒を行っています。

そのため添加物の含まれている食品を多く摂取したり、サプリメント、薬、お酒の飲み過ぎは肝臓に負担をかけてしまうことになります。

胆汁の生成分泌

胆汁は肝細胞で常時生成され、食べ物の消化吸収を助け、解毒作用と共に老廃物の排泄を助ける働きがあります。  

肝臓とお肌の関係

お酒と女性ホルモン

適度な飲酒は血行が促進され、代謝アップ、ストレス解消となりますが、お酒の飲み過ぎは女性ホルモンの低下を招いてしまいます。 女性ホルモンの一つであるエストロゲンは美肌の為には欠かせないホルモンです。

一方でエストロゲンはアルコールの分解を妨げてしまう働きがあり、お酒と女性ホルモンは相容れない関係にあります。

女性ホルモンはコレステロールからつくられる脂溶性の物質で、肝臓によって水溶性物質に代謝分解され、尿として体外へ排出されます。

しかし体内にアルコールが入ってくると、肝臓はまずアルコールの代謝を最優先に代謝分解をして解毒していきます。アルコールの量が増えるほど、肝臓に負担がかかり肝機能は低下してしまいます。

そしてアルコールの代謝が優先されると女性ホルモンの分解がなされずに、体内に古い女性ホルモンが残り、新しい女性ホルモンの生産が減少してしまいます。

女性ホルモンの代謝分解がスムーズに行われないと、新しい女性ホルモンの分泌が低下して、古い女性ホルモンがいつまでも体内に残っている状態になります。

そうなると女性ホルモンのエストロゲンが低下し、生理不順をはじめ肌や髪のツヤが失われ、老化の原因となってしまいます。乳がんや子宮がんなど婦人科系の病気になる可能性が高くなるリスクもあります。

そのため飲酒量が増え、お酒に強くなってきたなと思ったら女性ホルモンの分泌が低下しているサインかもしれません。

飲酒後の肌荒れ

飲み過ぎた翌日は、肌に吹き出物ができていたり、クマがあらわれていたり、肌トラブルを感じた経験はありませんか?

糖類が多いお酒は皮脂分泌が過剰になり、肌のバリア機能が低下しニキビや吹き出物ができやすくなってしまいます。

過剰な糖はたんぱく質と結合して、コラーゲンの合成が減少してしまいます。飲酒によって 肝機能が低下すると新陳代謝がスムーズに行われなくなるだけでなく、肌に必要なビタミンの合成も妨げられてしまうのです。

特に肌の代謝・再生にとって必要なビタミンB群はアルコールによって大量に消費されてしまいます。

また、大量の飲酒は体内で病気や老化の原因となる活性酸素を過剰に発生させてしまうため肌荒れ以外にも喘息やアレルギー症状など様々な炎症が生じやすくなります。

皮膚の神経は脳につながっているため、炎症が起こると炎症物質が脳に運ばれ脳機能にダメージを与える可能性も無いとはいえません。

さらにアルコールには利尿作用と、体内で代謝分解をする過程で水分を必要とするため体内の水分が飲んだお酒以上に失われて脱水症状になりやすくなります。

これによって肌に必要な水分も奪われてしまい乾燥しやすく、皮膚の角質が硬くなる原因にも。 また、お酒を飲むと寝つきは良くなりますが、中途覚醒したり、睡眠時無呼吸症候群への影響が大きくなるなど睡眠の質が低下します。

良質な睡眠がとれないと睡眠中に肌細胞の生まれ変わりを担う成長ホルモンのはたらきも十分に行われなくなってしまいます。

肝機能低下による肌荒れ

お酒を飲んでいなくても過度なストレスや高カロリーな食事、食べ過ぎ、便秘、睡眠不足、不規則な生活などにより肝臓には負担がかかってしまいます。

これらは女性ホルモンの分泌を妨げる原因にもなります。 肝機能が低下することによって、ホルモンバランスは乱れ、皮脂分泌が過剰になり、肌のバリア機能が低下しニキビや吹き出物ができやすくなってしまうのです。

ホルモンバランスの乱れによってニキビや吹き出物が表れやすい箇所は主に、額・顎まわり・首・デコルテライン・背中です。  

女性ホルモンと肝機能を高める

食生活の見直し

肝機能を良くする食材は、発酵食品(味噌、納豆など)、食物繊維(野菜、発芽玄米、蒟蒻、キノコ類)、ビタミンB群(豚肉、あさり)、抗酸化食品(ブルーベリー、マキベリー、トマト、アボカド、ブロッコリー、イチゴ、鮭、赤ワイン)など。

女性ホルモンのバランスを整えてくれる食材は、大豆類(豆乳、豆腐、納豆、味噌、きな粉)、亜鉛(牡蠣、カツオ、卵黄、チーズ)、ビタミンE(アボカド、ナッツ)、オメガ3脂肪酸(魚介類)など。

暴飲暴食を控え、脂肪分の多い食品や糖分・塩分、加工食品・添加物はできるだけ控えて肝臓に負担をかけないようにしましょう。

女性ホルモン活性のために摂りたい栄養素

飲み過ぎ注意

お酒は百薬の長といわれるように、適量であれば血行が促進され女性ホルモンの代謝が上がりストレス解消にもつながりますが、飲み過ぎには要注意です。

徒然草には「百薬の長とはいへど万(よろづ)の病は酒よりこそ起れ」(酒は百薬の長というが、さまざまな病気は酒から起こる)という一説があります。

お酒をまったく飲まない人に比べて適度な飲酒をする人の方が死亡率が低いとの報告もありますが、飲み過ぎはさまざまな病気を引き起こすことが昔から知られています。

お酒の適量は個人差がありますが、1日平均純アルコール20グラム程度です。そして週に2回以上は肝臓を休ませるための休肝日をもうけましょう。

飲酒時のおつまみは揚げ物や味の濃いものは控え、食物繊維やミネラル、ビタミンB群が豊富な食事をすることがポイントです。枝豆、お豆腐、野菜、海藻類、豚肉、ナッツ類など。

そして飲酒時にはいつもより水分補給を多めに。お酒を飲んだ分と同量か、それ以上の水分補給が翌日のお肌の為にも大切です。

外出先では、1杯のお酒に1杯のチェイサー(お水)をセットで頼むクセをつけると肝臓への負担が軽減され二日酔い予防にも効果的です。

過度な飲酒やストレス、添加物など肝臓への負担を減らして、健やかな髪や肌、身体のために働いてくれている肝臓をいたわっていきたいですね。  

 

美肌のカギは女性ホルモンと成長ホルモン      

 

食生活アドバイザー。スキンケアスペシャリスト。温泉ソムリエ。アラフォー女性健康美容ライター。 ストレスから睡眠障害、喘息発症、帯状疱疹を患う。夫は進行性の神経難病を患っています。 これまでの経験から難病の進行抑制、心と体の健康、エイジング対策探求に情熱を注いでいます。
投稿を作成しました 169

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る