トウモロコシ畑

日本のビールは遺伝子組み換え?発泡酒・新ジャンル・清涼飲料水も要注意

日本のビール、発泡酒、第3のビール(新ジャンル)などには副原料として遺伝子組み換えトウモロコシが多くの製品に使われているのをご存知ですか?

清涼飲料水に含まれている糖分も遺伝子組み換えトウモロコシが原料に使われています。

遺伝子組み換えの問題点

遺伝子組み換え作物とは遺伝子を組み換える技術を使用して、ある生物に別の生物の遺伝子を組み入れて生産した食品のこと。遺伝子組み換え作物は英語でGMO(genetically modified organism)、GM(genetically modified)とも呼ばれています。

遺伝子組み換え作物は低コストでの大量生産、成長の促進、害虫の抵抗性、品質の安定性、不毛な農地でも栽培できるなど、生産者側のメリットが大きくさまざまな理由で遺伝子組み換え技術が使われています。

遺伝子組み換え作物の大きな特徴として除草剤をまいても枯れない「除草剤耐性」を持たせた作物と、作物自体に殺虫成分を持たせた「Btトウモロコシ」などがあります。

遺伝子組み換えされた除草剤耐性作物は、これにともない開発された除草剤を撒くと、遺伝子組み換え作物以外の全ての植物、雑草を枯らすことができるのですが、この除草剤を吸収して育つ遺伝子組み換え作物を人間が食べることで発がん性リスクや多くの健康被害への影響が指摘されています。

 Btトウモロコシは昆虫病原菌の一種の遺伝子を組み入れて、害虫に対する抵抗性を持たせた遺伝子組み換え作物で、Btトウモロコシの中のBtタンパク質に殺虫性があり、これを食べると害虫が死ぬため殺虫剤を使う手間が減るということです。

この技術を開発した巨大企業は当初人間や動物は消化の仕組みが違うため、安全性に問題はないということでしたが、Btタンパク質の一部は分解されずに血液に入って全身をめぐり、腸の粘膜を損傷したり、胎児にまで影響を及ぼすなどの報告があります。

生態系のバランスが破壊し強まる毒性

昔の原始的な農業では害虫などほとんど問題になりませんでした。広大な農地に一種類だけの作物を植える、単一農作物栽培という農業形態によって特定の昆虫が大発生するようになりました。

これまでさまざまな種類の作物があったことで大地に多種多様性な変化を生み出し、長い間の中でつくられてきた生態系は緻密なバランスでコントロールされてきました。

例えばトウモロコシばかりが作られるようになると、いろんな作物があったために今まで十分発生できなかったトウモロコシの害虫が過剰に増えてくるようになってしまうのです。

虫はそれぞれに役割があり、地球の生物学的多様性を構成する大切な生物です。

そして農薬、除草剤の使用を続けているうちに、植物や虫はダーウィンの自然淘汰説にあるように次第に生命力の強い生物が生き残り、抵抗力をもつ品種が生まれてきます。

これに対抗するためにさらに強い毒性の農薬を散布したり、殺虫性の強い遺伝子組み換え作物をつくることに。そして数年後にはこの毒性に耐性を持つスーパー害虫が生まれることになり、いたちごっこになるという訳です。

その度に毒性が高まっていく遺伝子組み換え作物や、農薬まみれの作物を人間が食べても安全だと言えるでしょうか?

日本は世界でもトップクラスの遺伝子組み換え輸入国です。実は、日常生活の中で私たちの身近にある、ビール類や清涼飲料水などに遺伝子組み換え作物が原料として配合されているものが多くあります。

ビール類・清涼飲料水

日本で承認されている遺伝子組み換え作物はトウモロコシ、大豆、綿、じゃがいも、なたね、てんさい、アルファルファ、パパイヤの8品目ですが、主に流通されているのはトウモロコシ、大豆、綿、なたねの4種類です。

アメリカではトウモロコシ、大豆、綿など少なくても90%以上が遺伝子組み換え技術によって栽培されています。日本は世界最大のトウモロコシと大豆の輸入国でもあります。

実際、国内の消費量の90%以上を輸入に頼っている状態で、最大の輸入先はアメリカです。そのため輸入トウモロコシ、大豆のほとんどは遺伝子組み換えであると推定できます。

このトウモロコシの多くは牛や豚など家畜の飼料として使用されているので、その肉類を私たちが食べることでも遺伝子組み換えの被害を受けることになります。

遺伝子組み換えトウモロコシは飼料のほか、異性化糖、ビール類の原料としても広く使われています。

ビール類の中では、発泡酒、第3のビール(新ジャンル)において、コスト削減や安定調達のため2015年からキリン、アサヒ、サッポロ、サントリーの大手4社すべてで、遺伝子組み換えトウモロコシ由来原料(コーンスターチなど)が使用されています。

異性化糖は遺伝子組み換えトウモロコシを原料に作られる甘味成分で「果糖ぶどう糖液糖」「ぶどう糖果糖液糖」としてジュースなどの清涼飲料水に多く使用されています。

この成分名は原材料表示として見かけたことがある方も多いのではないかと思います。ほかにも多くの菓子類、加工食品に驚くほど多く使われています。

まともな安全確認がされないまま遺伝子組み換え作物が世界に流通されるようになってから20数年が経ちました。

環境学者デビットスズキ教授のお話では

”私が問題視しているのは、遺伝子組換え作物の長期的影響です。保健機関が遺伝子の全ての組み合わせを十分な人口に対し、十分な期間をかけて検証したわけではないのです。

ですから、知らず知らずのうちに遺伝子組換え作物を消費することで、我々は大規模な実験の対象となってしまっているのです。何千万人もの人がGMOを食べ続けることで、実験データを提供しているのです”

遺伝子組み換え作物は大規模な人体実験だということです。

健康を害するような症状は、数年後、数十年後にあらわれるのか、長期的な健康被害と環境被害のリスクは未知数です。

世界各国では遺伝子組み換え、除草剤による健康被害を引き起こす研究や報告は枚挙にいとまがないといいます。

今の日本では遺伝子組み換え食品をすべて避けることは難しいですが、原材料名をチェックして信頼できない製品は買わないなど、遺伝子組み換え作物の食べる量を減らし、本物の食品を選んでいくことが大切です。

ビール類や清涼飲料水を選ぶポイントは、原材料名にコーンスターチやコーン○○、異性化糖(果糖ぶどう糖液糖、ぶどう糖果糖液糖など)糖類と書かれているものは避けて、麦芽100%と書かれているビールを選びましょう。

消費者には知る権利、選ぶ権利があります。個人が能動的に情報や知識を得て、自分や家族のために安心できる食材を選んでいきたいですね。

日本は遺伝子組み換え大国?知らず知らずのうちに食べている不自然な食品

 

食生活アドバイザー。スキンケアスペシャリスト。温泉ソムリエ。アラフォー女性健康美容ライター。 ストレスから睡眠障害、喘息発症、帯状疱疹を患う。夫は進行性の神経難病を患っています。 これまでの経験から難病の進行抑制、心と体の健康、エイジング対策探求に情熱を注いでいます。
投稿を作成しました 169

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る