遺伝子組み換えコーン

日本は遺伝子組み換え大国?知らず知らずのうちに食べている不自然な食品

遺伝子組み換え作物は生産者にとっては便利ですが、研究開発の歴史はまだ浅いため、健康への安全性が立証されておらず、生態系、環境への影響がどれほどになるのか?など解明できていない問題点が数多くあり、論争の的となっています。

遺伝子組み換え作物とは

遺伝子組み換え作物はある生物の遺伝子に、別の生物の遺伝子を人工的に外から入れ、遺伝子組み換えをしてつくり出した作物です。

遺伝子組み換え作物は英語でGMO(genetically modified organism)、GM(genetically modified)とも呼ばれています。

遺伝子を組み換える技術を使用して、遺伝子的に変えられた生物を指します。食品業界では遺伝子組み換え作物には、成長の促進、害虫の抵抗性、品質の安定性、不毛な農地でも栽培できるなど、さまざまな理由で遺伝子組み換えが技術が使われています。

日本は遺伝子組み換え作物の栽培国ではないものの、1996年以来毎年多量の遺伝子組み換え作物を輸入しています。

日本は遺伝子組み換え品種の認可数が309品種目もあり、遺伝子組み換え最大の開発国アメリカの179品種目よりも多い世界一で、金額も世界一の輸入大国なのです。

日本で承認されている遺伝子組み換え作物は大豆、トウモロコシ、綿、じゃがいも、なたね、てんさい、アルファルファ、パパイヤの8品目ですが、主に流通するのは大豆、トウモロコシ、綿、なたねの4種類です。

ほかの4つの作物はほとんど流通されていません。日本に輸入されているこの4つの作物は、いずれもほぼ90%が遺伝子組み換え品種だと推定されています。

日本は世界最大のトウモロコシと大豆の輸入国でもあります。実際、国内の消費量の90%以上を輸入に頼っている状態で、その多くはアメリカです。

アメリカではトウモロコシ、大豆、綿など少なくても90%以上が遺伝子組み換え技術によって栽培されています。これらの作物は主に食用油の原料となり、マーガリン、マヨネーズ、ドレッシング、ショートニングなどの身近な食品となり、大量に輸入している日本では知らず知らずのうちに遺伝子組み換え食品にさらされていることになります。

2014年の時点でアメリカの遺伝子組み換え大豆の割合は94%を超えています。そのためアメリカから輸入される大豆の多くは遺伝子組み換え大豆であると考えられます。

遺伝子組み換え食品を避けるには「国産大豆100%」と表示された食品を選ぶと良いでしょう。

日本の遺伝子組み換え表示ルールはとても複雑で、消費者にはわかりにくくなっています。表示義務があるのは大豆、トウモロコシなど上記の8品目を原料とする加工食品のみです。

表示義務のある主な商品

  • 納豆
  • 豆腐
  • 味噌
  • 煮豆
  • おから
  • 湯葉
  • 油揚げ
  • きな粉
  • トウモロコシ缶詰
  • スナック菓子
  • アルファルファを主原料とするもの
  • てんさいを主原料とするもの

遺伝子組み換え表示制度には、表示義務と任意表示があります。任意表示制度では、これまで遺伝子組み換え作物の含有率が5%以下なら成分表に表示する義務がなかったのですが、2023年4月1日からの新制度では「遺伝子組み換えでない」という表示ができなくなるようです。

消費者の誤認防止や消費者の選択の機会の拡大につながるのではということです。一方で、表示義務の無い商品が私たちの身の回りにはたくさんあふれています。例えば遺伝子組み換え大豆からつくられた大豆油などは表示しなくて良いルールになっているのです。

表示義務の無い主な商品

  • 大豆油、キャノーラ油、菜種油
  • マヨネーズ
  • マーガリン
  • ショートニングを使ったクッキーやパンなど
  • 醤油
  • 酒類
  • 冷凍食品
  • 人工甘味料、ガムシロップ、水あめ、乳化剤、添加物など
  • 清涼飲料水やお菓子に含まれているぶどう糖からなるコーンシロップ、果糖ぶどう糖液糖など
  • 牛・豚・鶏など家畜が食べる飼料

これらのように遺伝子組み換え作物はたんぱく質が残らないものには表示義務がなく、その表示義務のない食品に集中的に大量に使われているので、消費者にはわかりにくくなっているのです。

チョコレートなどに含まれている大豆レシチンもコストのかからない遺伝子組み換え大豆由来のものが使われています。

調味料のアミノ酸やビタミンCなども細菌を遺伝子操作したものです。ビタミンCのLアスコルビン酸はほとんどが中国産の遺伝子組み換え細菌によって製造されているそうです。

遺伝子は、組み換えた部分だけに変化が起こると考えられていましたが、ほかの多くの遺伝子にも影響を与え、人の健康、生物、農業、環境にも被害や汚染が広まり続けて、最終的にどのような結果になるのか予想がつかないものだといわれています。

遺伝子組み換え作物の安全性試験は適切に行われているとはいえず、動物実験ではがんや肝臓、腎臓などの臓器障害、白血病、不妊、寿命の短縮などの健康障害が報告されています。

そして日本が世界最大に輸入しているトウモロコシの約80%は主に家畜の餌としてコスト削減のため消費されているということです。スーパーなどで遺伝子組み換えの表示やトウモロコシをそんなに見かけないわけですね。

遺伝子組み換え飼料を食べる牛、豚、鶏の体内や糞には遺伝子組み換え作物の情報が残るので、畜産物は「隠れた遺伝子組み換え食品」ということになります。

これらの肉類や牛乳、卵を私たちが食べることは不自然な遺伝情報も飲み込むことにもなり、遺伝子組み換え作物の影響による農作物の汚染も考えられます。

作物の花粉や種は風などで運ばれるので、周りの環境に広がる可能性もあります。遺伝子組み換え作物を育てている農地の周辺に、遺伝子組み換えでない農作物を育てる農家がいた場合、遺伝子組み換え作物がそうでない作物と交配する可能性があり、近隣農家の農作物まで汚染されてしまうということが簡単に起こります。

遺伝子組み換え作物が日本に流通するようになってから20数年経ちますが、納得できる安全性の確認がないまま輸入は継続されています。一方、世界ではその安全性に疑義を示す研究がいくつも発表されています。

遺伝子組み換え・除草剤数々の問題点

遺伝子組み換え作物のメリットは生産者にとっては大きいですが、消費者にはあまりメリットはないのではないでしょうか。健康や環境へのリスク、生態系、倫理的な問題もあり、多くの論争の的となっています。

日本がアメリカから大量に輸入している遺伝子組み換えのトウモロコシや大豆は家畜の飼料をはじめ、食用油、醤油、マヨネーズ、人口甘味料、加工品など身の回りの多くの食材に使われています。

これが一般消費者にあまり知られていないということと、知らないうちに遺伝子組み換え作物を食べさせられていることも問題です。私たちが遺伝子組み換え食品を選ばない権利や、知る権利が侵害されていることにつながります。

人間は古くから大豆なら大豆同士、レタスならレタス同士でより良い品種をつくるために品種改良を続けてきました。これらの近縁種同士の遺伝子情報は自然の中で、突然変異がおきることもありますが、自然界ではありえない全く別のものと掛け合わされることはありません。

ところが遺伝子組み換えの世界では近縁種同士ではなく、ニワトリやウナギの遺伝子をイネに入れたり、ほうれん草の遺伝子を入れた豚、クモの遺伝子を入れたヤギ、たばこにヒトの肺の遺伝子を組み込むなど、自然界ではとうてい起こりえないことをしている世界なのです。

遺伝子組み換えの大豆、トウモロコシ、じゃがいも、なたねなどは植物に微生物の遺伝子を入れるというとうてい自然界では生まれない掛け合わせでつくられています。

害虫に負けないBtトウモロコシという遺伝子組み換えトウモロコシがあります。土壌菌の遺伝子を組み入れた殺虫トウモロコシで、作物自体が殺虫成分をもっています。Btトウモロコシの中のBtタンパク質に毒性があり、これを食べると害虫が死ぬので、殺虫剤を使う手間が減るということです。

これを開発したアメリカの多国籍巨大企業モンサント社(2018年ドイツのバイエル社に約7兆で買収され現在はバイエル)は、人間や動物は虫とは消化の仕組みが違うため(Btタンパクは腸で破壊され排出される)これらを食べても安全性に問題はないという見解でした。

ところが2011年カナダのシャーブルック医科大学産婦人科医師らの採血による調査では、妊娠女性の93%、へその緒の80%、非妊婦の69%からBtタンパク質やその分解物が検出されたそうです。Btタンパク質の一部は分解されずに血液に入って全身をめぐり、胎児にまで影響を及ぼしていることがわかったのです。

2017年エジプトのタント医科大学の研究では、Btタンパク質を人間が摂取すると腸の粘膜を損傷し、腸内細菌が減少してしまう可能性があるということです。腸は体の免疫機能を司っているので、腸内環境の乱れは免疫機能の低下、アレルギー症状の悪化、神経伝達障害などさまざまな健康機能へ影響を及ぼすことが考えられます。

腸内環境が免疫機能を左右する?若さの秘訣は腸にあり

除草剤耐性をもつ遺伝子組み換え作物では、除草剤に負けない微生物を組み込むことで、除草剤を撒いても雑草だけが枯れる仕組みをつくって草取りの手間が減らせるということです。しかし除草剤の多くは発がん性リスクや作物、土壌への汚染が懸念されています。

モンサント社が生み出した(現バイエル社)除草剤の世界的ベストセラー「ラウンドアップ(主成分グリホサート)」は日本を含め世界中で広く使用されている除草剤です。

ラウンドアップは全ての植物を枯らすことができる強力な除草剤なのですが、ラウンドアップ耐性の遺伝子組み換え作物なら、ラウンドアップを浴びても枯れず、雑草だけが枯れます。

しかし雑草や害虫は次第に耐性力をもつため、これまでの除草剤などが効かない「スーパー雑草」「スーパー害虫」が登場し、さらに強力な除草剤、防虫剤が必要になるというわけです。

そのため除草剤の使用量がさらに増加し、複数の除草剤を混合使用したり、ラウンドアップより強い毒性をもつ除草剤が必要になってきます。

ラウンドアップより毒性の強い「アトラジン」という除草剤があります。日本では「ゲザプリム」の名で市販されています。

アトラジンはアメリカだけで年間約3600万kgが農業で使用されており、約23万kgのアトラジンが雨に含まれて地上に降りそそいでいるそうです。

論文では「アトラジンはそれが使用された場所から1000km以上離れた場所へも雨の形で運搬され、その結果、原始の生態系が残る手付かずの場所にも汚染が広がっていく可能性がある」と指摘しています。

ほかにもベトナム戦争で使われた有毒な「枯れ葉剤」の使用や、種子もこれにあわせて複数の除草剤に対してさらに強い耐性をもつ遺伝子組み換え作物が同時に開発されてきています。

ベトナム戦争でアメリカ軍が撒いた枯れ葉剤には2,4-Dやジカンバという猛毒な成分が含まれ、この影響でベトちゃんドクちゃんのような奇形児がたくさん生まれたことは有名です。

こうした除草剤は土壌や川、地下水など広範囲の環境を汚染し、生態系、野生動物も影響を受けます。そして水道水にも入ってきて、人間にも悪影響を及ぼすことになります。

最終的に人間のしたことは、めぐりめぐっていつかは自分たち人間にかえってくるということです。

世界3位の大豆産出国である南米アルゼンチンでは、遺伝子組み換え大豆を使用してから15年経ちますが、農地の住民のがんの発症率は4倍に上昇しているほか、流産、死産、先天性異常、発達障害、変性疾患の子供たちが増えているという報告があります。未知の毒性やアレルゲンの影響を最も受けやすいのは胎児や子供たちです。

日本は世界的にみても有機リン系農薬を大量に使用しているといわれています。有機リン系農薬は神経毒性のある農薬で、グリホサートは有機リン系農薬です。

 EUでは有機リン系農薬の使用が禁止されており、アメリカでも空中散布は原則禁止されている中、日本では農地のほか、ため池、水路など空中散布が野放しで、農薬が広く降りそそいでいる状態です。

2000年、神経毒性学雑誌では「農薬の曝露は、パーキンソン病の発症リスクを増加させる」と発表されています。日本では1980年から2010年の30年でパーキンソン病関連疾患は13.6倍に増え、神経難病や原因不明の難病が激増しているということです。

今、世界中で遺伝子組み換え作物や農薬剤の健康障害を示す報告や論文は枚挙にいとまがないといいます。EU、各国ではグリホサートとその関連商品の販売を禁止したり、規制の強化がすすめられている中、日本は逆方向にすすんでいます。

食料自給率の低い日本は、グリホサート残留のある北米などの農作物の輸入に頼らざるを得ないため、2017年、厚労省はグリホサートの残留基準値を大幅に緩和しました。

日本が多く輸入しているアメリカ産とカナダ産の小麦では90%以上から100%のグリホサートを検出しています。輸入小麦を原料としている食品はパスタ、麺類、パン、お菓子、加工品などです。

人も微生物も健やかな環境とともにある

日常生活の中で遺伝子組み換え作物を完全に排除することは難しい現状ですが、これらをわかっていれば、できるだけ避けて、減らすことができます。

小麦製品はグリホサート残留のない国産小麦100%の製品を選びましょう。野菜は遺伝子組み換えを原料としない無農薬の自然栽培や、家畜に遺伝子組み換えを飼料を与えていない食品を扱っている「生協の生活クラブ」「秋川ファーム」などがあります。

私の夫は神経難病を患っています。進行性の病で年々病状が進行し、今の介護レベルは要介護5です。要介護認定基準の中で最も重い状態で、日常生活のほとんどに介助を必要とする状態をあらわしています。

体を動かしたり、食事をするなど体の生活動作はすべて脳が司令をだしています。

その神経伝達がスムーズに行われない病なので薬に頼らざるを得ない状況ですが、体は日々の食べ物でつくられ細胞は常に入れ替わっています。

少しでも脳の細胞膜をやわらかくして神経伝達を良くしたり、腸内環境を整えて免疫機能の向上、体内毒素の排出力を高めるために、できるだけ遺伝子組み換え食品や体に負担となる食材を控えて、自然に沿った食材を選ぶようにしています。

最近では細胞膜を固くする肉類は控えめにして、野菜(アルカリ性食品)、魚介類(オメガ3脂肪酸)をメインとする地中海スタイルに近い食生活をしています。

卵は遺伝子組み換え飼料を与えられてなくストレスフリーな放牧のものを選んだり、ミネラル強化のために味噌汁などに使う出汁の素は中止し、昆布、煮干しなどから出汁をとるようにしています。

市販の出汁の素製品の中には遺伝子組み換え原料、添加物が使われていたり、多くのミネラルが減少してしまっているからです。

できるだけ工業的なサプリメントなども使用しないようにしています。各食品の素材そのものから栄養素を補ったほうがそれぞれの栄養素が相乗的に作用して体に負担なく吸収されやすくなるからです。

ただ、これらを否定しているのではなく、時間のない中では出汁パックやサプリメントを一時的に活用することもあり、ライフスタイルにあわせて使い分けています。

そして夫がこれまで大好きだった牛乳、炭水化物、スイーツ、加工食品全般も控えるようにすすめました。これらは腸内環境を悪化し脳に悪い影響を与えるほか、ミネラルが不足しやすい体になり、栄養素の代謝吸収の阻害、体内に溜まった有害な毒素の排出を妨げてしまう原因となってしまいます。

ベジタリアンでなくても乳製品を控える人が増えている理由

このような食生活に変えてから数カ月が経ちました。食生活を変えたからといって難病が改善したわけではありません。

ただ毎日一緒に生活している私から見て、ある一定の範囲で夫の体調は悪くなってはいない、むしろ少し良くなっているように見えます。

病状の進行とともに自力では難しくなっていた排泄が、ひとりでおこなえるようになったのです。そして外出時には歩行が困難なため車椅子を使用していたのですが、最近では車椅子に頼ることなくすたすた歩けるようにもなりました。

進行性難病のため、またいつ体調が急変するかわかりませんが、あらためて私たちの体は日々の食べ物で構成されているんだなと実感しました。

日々の買い物は投票行動です。健康と引き換えに安易に食べたいもの、手ごろな価格の食材を選ぶのではなく、体に良い安心できる食材を多くの消費者が選ぶことで、本物の食材をつくる生産者さんが増えたり、環境、生態系への悪循環を減らしていくことにもつながっていくのではないでしょうか。

私たちは植物たちのおかげで空気が吸えるようになりました。細菌やバクテリアのおかげで水が飲めるようになりました。

水・空気・土が清浄になれば私たちも健康で美しくなれると思います。人も微生物もすべては循環し、自分自身にかえってきます。ライフスタイルにあわせてできることから本物の食材を選んでみてはいかがでしょうか。

世界は平飼いが主流!ニワトリと体の健康のために考えたい卵の選び方

【参考文献】

食生活アドバイザー。スキンケアスペシャリスト。温泉ソムリエ。アラフォー女性健康美容ライター。 ストレスから睡眠障害、喘息発症、帯状疱疹を患う。夫は進行性の神経難病を患っています。 これまでの経験から栄養学、免疫学などを学び、難病の進行抑制、エイジング対策に情熱を注いでいます。
投稿を作成しました 144

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る