パロチン

若々しさを保つホルモン「パロチン」とは?唾液を増やしてアンチエイジング

唾液に含まれるホルモン成分の「パロチン」て聞いたことありますか?実は若返りホルモンと呼ばれていて、骨の発育を促したり、老化予防の作用を持ち、アンチエイジング効果が期待できるとされています。

パロチンとは

唾液には唾液腺ホルモンの「パロチン」が多く含まれています。この唾液腺ホルモンパロチンは主に耳下腺から唾液とともに分泌されるホルモンで、アンチエイジング効果が期待できることから「若返りホルモン」とも呼ばれています。

パロチンは骨や歯の再石灰化を助け、皮膚の新陳代謝を促進し、シミやシワを防いで健やかな肌や髪の発育を促す働きがあります。

そのためこのパロチンの分泌が盛んだと、骨や歯を丈夫にし、筋肉や内臓の働きを助け、若さを保つのです。白内障や更年期障害などの治療薬としても使われています。

子供や赤ちゃんは唾液が盛んに分泌されていますが、加齢とともにパロチンの分泌は次第に下がり始めてしまいます。

唾液が減少してしまう主な原因は加齢をはじめ、ストレス、ホルモンバランスの変化、不規則な生活、悪い食生活習慣、アルコールやカフェインの過剰摂取、喫煙、薬の副作用、睡眠時の口呼吸などがあげられます。

唾液を増やすコツ

食べ物をよく噛む

食べ物を時間をかけてしっかりよく噛むことで自然と唾液の量が増えます。よく噛むことで口周りの筋肉が刺激されたるみ防止効果や、満腹中枢が刺激され食べ過ぎを防いだり、血糖値の上昇をゆるやかにする作用もあります。

普段からよく噛むということを意識することがポイントです。ガムを噛んだり、レモンや梅干しなどのすっぱい食べ物は唾液の分泌が活発になります。

耳下腺マッサージ

耳たぶの下あたりに指を押しあてて、後ろから前へ回すようにマッサージしていきます。そして耳の下からあごの下まで、親指で押していきます。これを数回繰り返すと唾液が分泌されやすくなります。

また、口を大きく開けて口周りをなぞるように舌をおもいきり出してぐるぐる回すなど、舌の運動もフェイスラインを引き締め、唾液を増やすのに役立ちます。

ローヤルゼリーにパロチン

ローヤルゼリーは昔から言わずと知れた人気の栄養成分ですね。ローヤルゼリーの原料となるのは、蜜蜂が花から集めてきた花粉です。

それを働き蜂が体内で消化・分解・生成し、下咽頭腺と大あご腺から分泌したものがローヤルゼリーです。乳白色のクリーム状の物質で、ローヤルゼリーを食べ続けた蜂だけが女王蜂となるわけです。

そのためローヤルゼリーは「王乳」とも呼ばれます。女王蜂が働き蜂より2倍以上も大きく育ち、約4倍もの寿命を持つのはローヤルゼリーに含まれる栄養素によるものです。

ローヤルゼリーにはビタミン、ミネラル、たんぱく質をはじめ、人間の体内で合成できない必須アミノ酸や酵素類も豊富に含まれています。

それに加え、若返りホルモンのパロチンも豊富に含まれています。また、脳の神経伝達物質のひとつであるアセチルコリンも含まれているので、脳の若返り効果にも期待できるそうです。

ローヤルゼリーも蜜蜂の唾液だからパロチンが多いというわけなんですね。唾液パワーで脳も体も若々しく健やかな毎日を手に入れましょう。

 

食生活アドバイザー。スキンケアスペシャリスト。温泉ソムリエ。アラフォー女性健康美容ライター。 ストレスから睡眠障害、喘息発症、帯状疱疹を患う。夫は進行性の神経難病を患っています。 これまでの経験から栄養学、免疫学などを学び、難病の進行抑制、エイジング対策に情熱を注いでいます。
投稿を作成しました 162

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る