幸福な鶏

世界は平飼いが主流!ニワトリと健康のために考えたい卵の選び方

卵はビタミンCと食物繊維以外の体に必要な栄養成分がほぼ完璧な形で含まれている優秀な食品です。

細胞の生まれ変わりを助け、脳の働きを活性化したり、コラーゲンを生成して若々しい肌や髪の成長を促し、目の老化予防などにも役立つ働きがあり、毎日の食生活に欠かせない存在です。

日本では国民1人あたりの卵の消費量は世界第3位を誇るほど。一方で日本は世界的にみて卵後進国だといわれているのはなぜでしょうか。

消費者としてニワトリと、私たちの健康のための卵の選び方について考えてみたいと思います。

飼育方法と飼料

ケージ飼い

ニワトリの飼い方には大きく分けてケージ飼いと平飼いにわけられます。諸外国ではケージ飼いの厳しい規制が進んでおり「ニワトリは放し飼い、もしくは平飼いのみ」と決められていたりします。

複数のニワトリを収容したケージを密集させる「バタリーケージ」という飼育法はEUではすでに禁止されています。

日本では養鶏場の9割以上がバタリーケージ飼育で卵を生産しています。バタリーケージのメリットは自動化された狭い空間で効率良く飼育でき、卵を大量生産できるということ。

しかし、ニワトリが自由に身動きをとれないほどの狭いケージの中で(B5サイズ程とも)、一生卵を産み続けなければならないというニワトリにとって不自然で大変過酷な飼育環境なのです。

ケージは糞尿など清掃効率向上のために金網でできていて、ニワトリの足は角質化し傷が絶え間なく生じて、羽毛はボロボロになってしまいます。

ニワトリはストレスがたまり、血中ストレスホルモンが増え、それが卵にも入ります。ニワトリも、その卵も、健康であるとは言えないのではないでしょうか。

中にはウィンドレス鶏舎といって窓のない鶏舎もあります。ニワトリは朝になると卵を産む習性がありますが、窓を無くして光をコントロールし、17時間サイクルで早く卵を産ませて生産効率を上げているということです。

人間の都合で不自然な飼われかたをし、密集した不衛生な環境でストレスも多く、当然病気にもかかりやすくなるため、たくさんの抗生物質が与えられています。その卵を食べる人間にも抗生物質が移行することに。

一口にケージ飼いといっても中には、平飼いに近い環境や解放鶏舎で飼われているケースもあります。解放鶏舎では外の空気や自然光が入ってくるのでウィンドレス鶏舎のニワトリよりもストレスが軽減されているようです。

サルモネラ菌の発生率も低いです。ただ夏の猛暑時にはケージの中で逃げ場がなく、過酷な環境であることに変わりはないという意見も。(1)

平飼いや放し飼い

一般的な平飼いは屋内で地面をニワトリが自由に動き回れる状態です。放し飼いや放牧は平飼いの中でもニワトリが屋外に出られる状態で飼育します。

昼間は外で過ごし、夕方になるとみんなで鶏舎に戻ってきて寝ます。野生に近いストレスフリーな環境で、放し飼いや放牧はニワトリにとって最も良い養鶏方法だといわれます。

ニワトリは虫や雑草など自然界の栄養豊富なものを食べているため、必然的に栄養価の高い良質な卵ができます。脳の健康やアンチエイジングに良いオメガ3脂肪酸も放し飼いの鶏卵の方が多いという報告も。

一方平飼い、放し飼いといっても衛生環境や広さなどは養鶏場によってさまざまです。管理がずさんな養鶏場では地面が糞尿だらけであったり、屋内スペースに対してニワトリが多過ぎる「密飼い」という超過密状態で飼育されているケースも少なくないようです。

「あんな汚いところで飼われるならケージの方がまし」という声も。不衛生であったり、密飼いな環境ではニワトリの健康状態に悪影響を及ぼします。

そのため一概に平飼い、放し飼いだから良いとはいえませんが、ホームページなどを確認して写真の掲載や飼育方法がきちんと明記されているなど、信頼できる養鶏場の平飼い、放し飼いの卵を選んでいきたいですね。

エイビアリー

エイビアリーとは平飼いの一種で、多段式のケージフリーシステムのことです。国が推進する「アニマルウェルフェアの考え方に対応した採卵鶏の飼養管理指針」は、エイビアリーを次のように説明しています。

エイビアリーは、止まり木を設置した休息エリア、巣箱を設置した産卵エリア、砂浴びのできる運動エリア等を備えた平飼い鶏舎のことで、鶏の行動がより多様になるようアニマルウェルフェアに配慮して開発された飼養システムである。
止まり木、巣箱、砂浴び場を設置するためのコストや、集卵、砂浴び場の敷料の交換、消毒の際の作業時間の増加等の維持コストが従来のケージシステムと比較して高くなるが、多段式にすることにより、坪当たりの飼養羽数を増やすことが可能である。

エイビアリーは土地の面積が限られていても多段式にすることで、ニワトリが自由に砂浴びをしたり、お腹が空けば餌を食べ水を飲んだり、ニワトリのペースで巣箱へ移動して卵を産む、暗くなれば止まり木に上って眠る、といったニワトリ本来の多様な行動を発揮できる飼育環境です。

日本ではエイビアリーシステムを採用している養鶏場はまだわずかですが、各国でケージフリーが進んでいる中、今後狭い国土の日本でも活用可能なエイビアリー鶏舎が広く普及していくのではないかと考えられています。

飼料について

多くのケージ飼いでは、ニワトリがストレスで病気になりやすいため飼料に抗生物質が添加されています。また、安価な飼料でコストを削減するために、海外産の残留農薬のある遺伝子組み換え穀物(トウモロコシなど)がよく使われています。

当然これらの抗生物質や残留農薬、遺伝子組み換え情報が卵に移行することになります。

また黄身の色が濃い卵は一見体に良さそうな印象ですが、これはパプリカパウダーや合成着色料をエサに混ぜれば人工的につくることが可能に。

実際、品質の良い卵をつくっている養鶏場の卵の黄身は、ひまわりのような薄い黄色をしています。

ビタミンEや葉酸配合とうたっている卵も化学合成された成分をエサに混ぜたもの。それが体に蓄積することの問題を指摘する専門家もいます。

また、殻の色はニワトリの品種違いによるもので、中身の栄養価や味に大きく変わりはありません。

飼育方法とおなじくらい大事なのが飼料です。遺伝子組み換え飼料を与えていない、どんな飼料を与えているかなど、きちんと開示している信頼できる生産者の卵を選びたいものです。

世界はケージから平飼いへ

 EUでは2012年にバタリーケージが禁止され、平飼いなどに転換しています。今、世界各国でバタリーケージの使用規制が進められる中、日本ではバタリーケージの使用に規制がなく「アニマルウェルフェア」の浸透が遅れているといわれています。

アニマルウェルフェア(Animal Welfare)は日本では「動物福祉」とされていますが、”感受性を持つ生き物としての家畜に寄り添い、ストレスをできる限り少なく、行動欲求がみたされた、健康的な生活ができる飼育方法をめざす”という畜産のあり方です。(2)

1960年代、イギリスで家畜を工業的に扱うことを批判したルースハリソン氏の著書「アニマル・マシーン」が大きな関心をよびました。

イギリス政府が立ち上げた委員会は「すべての家畜に立つ、寝る、向きを変える、身づくろいする、手足を伸ばす」といった自由を与えることを提唱。これがアニマルウェルフェアのベースとなりました。

国際レベルでアニマルウェルフェアの取り組みが進む中、日本では多くの畜産が過酷な環境で飼育されており、それを消費者が知らずに購入しているということも世界から遅れをとっているひとつの要因です。(3)

何も考えずに安いからという理由だけで漫然と卵を購入することは、その時は体に異変がなくても遺伝子組み換えなどの原料が体内に蓄積され、将来なんらかの病気になるリスクを高める可能性も。消費者が体の健康やアニマルウェルフェアへの意識を高めることも大切なことですね。

ニワトリと人の健康に良い卵を選ぶ

ストレスフリーで自然な飼料を食べて育ったニワトリは健康です。そんな卵は本来の良質な栄養価を豊富に含み、それをいただく私たちの健康にも役立てることができますね。

近年日本でもケージフリーへの移行を約束する企業が増えてきているようです。(4)卵のパッケージに明記してあるホームページやQRコードなどで飼育環境や飼料についてチェックし、信頼できる卵を選んでいきましょう。

私たち消費者が買い物のたびに健康的な卵を選ぶという意思表示をすることで、ストレスフリーな環境で健康的に飼育されるニワトリが増え、良質な卵がスーパーにたくさん並ぶようになり、動物にとっても人間にとっても健康で持続可能な循環が生まれていくことを願っています。

卵は記憶力アップや美肌にも良い?卵の健康効果とスキンケア方法

【参考資料】

(1) 養鶏についての「よくある間違い7選」|認定NPO法人アニマルライツセンター

(2) 一般社団法人アニマルウェルフェア畜産協会

(3) バタリーケージの玉子を食べたくない!鶏のケージ飼育を終わらせよう|認定NPO法人アニマルライツセンター

(4) 日本のケージフリー宣言企業一覧

食生活アドバイザー。スキンケアスペシャリスト。温泉ソムリエ。アラフォー女性健康美容ライター。 ストレスから睡眠障害、喘息発症、帯状疱疹を患う。夫は進行性の神経難病を患っています。 これまでの経験から難病の進行抑制、心と体の健康、エイジング対策探求に情熱を注いでいます。
投稿を作成しました 169

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る