体のエネルギー代謝をブーストする「アルファリポ酸」とは

アルファリポ酸は強力な抗酸化物質として働くとともに、エネルギーを効率良くつくる働きを助けたり、老化を防ぎ、病気に負けない元気な体をサポートします。

アルファリポ酸とは

アルファリポ酸はチオクト酸とも呼ばれ、強力な抗酸化作用をもつビタミン様物質です。

私たちが心臓を動かしたり、脳を働かせたり、生命維持活動をするためには全てエネルギーが必要です。そのエネルギーをつくってくれているのがミトコンドリアです。

ミトコンドリアは全身の細胞内に存在し、アルファリポ酸は細胞の中のミトコンドリアに存在します。

ミトコンドリアは生命維持活動に必要なエネルギー源となるATP(アデノシン3リン酸)を食べ物の栄養素からエネルギー変換し、常につくりだしています。

この過程をクエン酸回路と呼び、アルファリポ酸は補酵素としてこのサイクルに作用し、エネルギーを生み出すのを助けています。(3)

さらに、アルファリポ酸は強力な抗酸化作用をもちます。

抗酸化物質の多くは水溶性または脂溶性ですが、アルファリポ酸は水溶性と脂溶性の両方をもちあわせており、どちらにも適応できるという性質があるため、体のあらゆる領域で吸収されやすくなります。

そしてアルファリポ酸は、抗酸化作用をもつビタミンCやビタミンEの400倍もの抗酸化力があるといわれています。

ビタミンCやビタミンE、コエンザイムQ10などほかの抗酸化物質が酸化すると、それを還元して再利用することができるため抗酸化物質の働きが体内で長く持続しやすいというメカニズムもあります。(1)

アルファリポ酸はもともと体内でつくりだすことができる成分ですが、加齢とともに生成量は減少してしまいます。

アルファリポ酸はレバーやほうれん草、ブロッコリー、トマトなどに含まれていますが食品から十分な量を補給するのは難しく、サプリメントなど栄養補助食品からとりいれることができます。

アルファリポ酸の健康効果

疲労回復効果

ミトコンドリアは頭や心臓、体を動かしたり、ホルモンや神経伝達物質を作り出したり、私たちが生きていくうえで必要不可欠なエネルギー源をつくりだしてくれています。

このミトコンドリアのエネルギー生産をアルファリポ酸は助けています。

アルファリポ酸によってミトコンドリアの働きが活性化されると、食べ物からの栄養素がスムーズに代謝され、エネルギー生産がアップし、疲れにくく、若々しい元気な体を保つことができます。

肌老化の予防

アルファリポ酸には優れた抗酸化作用があると同時に、ビタミンCやビタミンE、コエンザイムQ10などほかの抗酸化物質の働きもサポートします。

そのため老化や病気の原因となる活性酸素を抑制し、紫外線による肌細胞の損傷を防ぎ、肌の老化を遅らせるのに役立つ可能性があります。

アルファリポ酸を含むクリームを肌に塗布した研究では、しわが減少したり、肌荒れの改善を示しました。(2)

アルファリポ酸の摂取方法

アルファリポ酸は体内でもつくられていますが、年齢とともに減少してしまいます。

食品では赤身肉、レバー、ほうれん草、ブロッコリー、トマト、芽キャベツ、じゃがいも、米ぬかなどに少量含まれています。

食品から摂取できる量は少ないためサプリメントなど栄養補助食品から活用することもできます。

アルファリポ酸の決められた推奨量はありませんが、1日あたり300~600mgの摂取では、安全性を保ちながらアルファリポ酸の効果を期待できる可能性があります。(4,5)

また、食事と一緒に摂取するとアルファリポ酸のバイオアベイラビリティ(生物学的利用能)を低下させる可能性があるため、空腹時の服用が良いとされています。(6)

妊娠中の女性には推奨されていません。

まとめ

アルファリポ酸はエネルギー代謝に重要な役割を果たし、ミトコンドリアの働きを活性化させます。

さらに、アルファリポ酸自身の抗酸化作用とともに、ほかの抗酸化物質のレベルを高め、病気の予防改善やアンチエイジングに効果を期待できます。

 

【参考文献】

(1) Golbidi S, Badran M, Laher I. Diabetes and alpha lipoic Acid. Front Pharmacol. 2011;2:69. Published 2011 Nov 17. doi:10.3389/fphar.2011.00069

(2) Sherif S, Bendas ER, Badawy S. The clinical efficacy of cosmeceutical application of liquid crystalline nanostructured dispersions of alpha lipoic acid as anti-wrinkle. Eur J Pharm Biopharm. 2014;86(2):251-259. doi:10.1016/j.ejpb.2013.09.008

(3) Packer L, Cadenas E. Lipoic acid: energy metabolism and redox regulation of transcription and cell signaling. J Clin Biochem Nutr. 2011;48(1):26-32. doi:10.3164/jcbn.11-005FR

(4) Mignini F, Capacchietti M, Napolioni V, Reggiardo G, Fasani R, Ferrari P. Single dose bioavailability and pharmacokinetic study of a innovative formulation of α-lipoic acid (ALA600) in healthy volunteers. Minerva Med. 2011;102(6):475-482.

(5) Ziegler D, Hanefeld M, Ruhnau KJ, et al. Treatment of symptomatic diabetic polyneuropathy with the antioxidant alpha-lipoic acid: a 7-month multicenter randomized controlled trial (ALADIN III Study). ALADIN III Study Group. Alpha-Lipoic Acid in Diabetic Neuropathy. Diabetes Care. 1999;22(8):1296-1301. doi:10.2337/diacare.22.8.1296

(6) Linus Pauling Institute | Oregon State University

食生活アドバイザー。スキンケアスペシャリスト。温泉ソムリエ。アラフォー女性健康美容ライター。 ストレスから睡眠障害、喘息発症、帯状疱疹を患う。夫は進行性の神経難病を患っています。 これまでの経験から難病の進行抑制、心と体の健康、エイジング対策探求に情熱を注いでいます。
投稿を作成しました 169

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る