のどの痛みや咳に高レベルのマヌカハニー!薬に頼らず免疫力アップ

「マヌカハニー」は他のはちみつとは一線を画した特別な殺菌・抗菌作用に優れています。

 マヌカハニーには、のどの痛みや風邪予防などの体調管理のほか、美容とアンチエイジングにもうれしい成分が含まれているのも魅力のひとつです。

一方、マヌカハニーを試してみたけれど、実際あまり効果を感じられなかった… なんて経験はありませんか? それは マヌカハニー の選び方に問題があったのかもしれません。

実は マヌカハニー にはグレードがあり、選び方がポイントです。 では マヌカハニー の魅力と選び方についてお話します。

マヌカハニーについて

マヌカハニーとは

 マヌカハニー は主にニュージーランドが原産の はちみつ です。

マヌカは学名:ギョリュウバイ(Leptospermum scoparium)というフトモモ科の低木植物で、多くはニュージーランドに自生しています。

「マヌカ」とはニュージーランドの先住民マオリ族の言葉で「復活の木」「癒しの木」という意味を持ち、古来からマヌカの樹液や葉を健康や創傷治癒として利用されてきました。

マヌカの花は白やピンク色の花を咲かせます。それをみつばち達によって花の蜜が集められ、マヌカ特有の天然成分が抽出されて マヌカハニー がつくられます。

そしてマヌカの花はなんと1年のうちおよそ1ヶ月しか咲かないので、その花から集められる マヌカハニー は世界でも類をみないほど大変希少な はちみつ なのです。

マヌカハニー には一般の はちみつ とは一線を画した特別な殺菌・抗菌作用があります。さらに食品としての栄養価も高く、薬のような副作用がないことから世界中で美容や健康食品として愛されています。

 マヌカハニー の優れた成分は火傷など創傷治療の選択肢としてアメリカのFDA(食品医薬品局)にも承認されています。

優れた殺菌成分

一般的に はちみつ には殺菌力があるといわれています。それは、ほとんどの はちみつ には殺菌成分の「過酸化水素」が含まれているからです。

 マヌカハニー には過酸化水素に加えて「メチルグリオキサール(MGO)」という マヌカハニー 特有の抗菌物質が含まれています。  

マヌカハニー の特別な殺菌・抗菌効果については長年さまざまな研究がされていて、メチルグリオキサールは天然の抗菌物質であるとして2008年にドイツの研究機関によって発見されました。

メチルグリオキサールが確認されたことによって、 マヌカハニー は一般的なはちみつの有効性に加えて、優れた抗ウィルス作用、抗菌活性力、抗がん作用などがわかり注目されるようになりました。

マヌカハニーの魅力

胃腸を元気に免疫力を高める

 マヌカハニー を日常的にとりいれることで胃腸を健康に保つ働きがあります。 マヌカハニー に含まれるメチルグリオキサールはピロリ菌を抑制し胃潰瘍や胃がんなどの予防に役立ち、胃の粘膜を修復して食べ物の消化吸収を良くしてくれます。

そして、大腸菌などの悪玉菌を減らし、善玉菌を増やして、腸内環境を整えてくれる働きがあります。 メチルグリオキサールの働きによって悪玉菌が減少され、マヌカハニーに含まれているグルコン酸が善玉菌を増やしてくれます。

グルコン酸には腸の善玉菌であるビフィズス菌を増やす働きがあり、整腸作用が期待できます。 このグルコン酸は他の はちみつ よりも マヌカハニー には特に多く含まれていて、悪玉菌減少と善玉菌増加のシナジー効果で腸内環境の改善が高まります。

身体の免疫細胞は約7割が腸に集まっているので、その腸内環境を改善することで、白血球のリンパ球が増え免疫力が高まり、自律神経が整えられ、免疫力アップにも役立ちます。

抗酸化作用でアンチエイジング

 マヌカハニー には強力な抗菌作用に加え、老化や病気の原因である活性酸素を抑制する抗酸化作用もあります。

天然抗菌物質であるメチルグリオキサールのほかに、抗酸化物質である「シリング酸メチル(SAME)」が含まれています。

このシリング酸メチルは一般の はちみつ よりも マヌカハニー に最も多く含まれ、活性酸素を抑制する抗酸化作用が認められています。

活性酸素は紫外線やストレス、加齢、不規則な生活習慣などで過剰に発生し、健康な細胞を傷つけ、老化を早めたり、病気の原因となります。

シリング酸メチルは マヌカハニー 独特の成分で、活性酸素を抑制して細胞の酸化を防ぎ、傷んだ肌細胞を修復し、お肌を活性化してくれる作用があります。エイジングケアとしても嬉しい働きですね。  

のどの痛みや咳・風邪・インフルエンザ対策

 マヌカハニー は風邪やのどの痛みの原因である細菌やウィルス、咳の炎症に対して優れた抗菌作用を発揮します。 有害なバクテリアや口腔内の細菌を減少させ、炎症を鎮めて、のどのうるおい保持に役立ちます。

ある研究では、マヌカハニー は一般の咳止め薬と同じくらい効果が期待できるというほど、マヌカハニー の強い抗菌作用はインフルエンザウィルスの増殖を抑える働きがあるともいわれています。

またマヌカハニーは抗菌作用のほか、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などを豊富に含み栄養価が高いので、体調不良時の栄養補給としても役立ちます。

優れた抗菌・殺菌作用で創傷治癒をサポート

マヌカハニーの高い抗菌・殺菌作用は口腔細菌の増殖を抑制し、虫歯や口内炎、歯周病、歯石の蓄積予防などにも役立ち、口腔衛生をサポートします。

また、マヌカハニー は創傷治療のひとつとしてアメリカのFDA(食品医薬品局)に承認され、マヌカハニーを含んだ包帯などもあるそうです。

いくつかの研究では医療レベルの マヌカハニー を火傷や傷ついた箇所へ傷薬に加えて塗布すると、傷ついた組織の再生を促進し、痛みを軽減し、治りを早くする効果があるとされています。(実際に使用する場合は、創傷の状態にもよるので医療機関への相談をおすすめします)

そして マヌカハニー の抗菌・殺菌作用はニキビ肌の改善にも役立ちます。 マヌカハニー特有の抗菌物質メチルグリオキサールが毛穴に詰まった余分な皮脂や不純物を取り除き、ニキビの原因である悪玉アクネ菌の増殖を抑え、善玉アクネ菌と共生しながら健やかな肌へと導きます。

マヌカハニーの選び方

マヌカハニーの製品には、マヌカハニーのグレード(規格)を表す「UMF」または「MGO」の主に2種類の表示があります。

いわゆる「格付けラベル」をマヌカハニーメーカーは各製品に付けて、殺菌・抗菌レベルの強さを明記しているのです。

ラベルの種類は異なっても、それぞれの数値は高くなるほど殺菌力が強くなります。  

 UMFもMGOもニュージーランド政府公認の機関によって純度と品質に関する厳格な基準を満たしています。生産者と輸出業者しか扱うことができないこともあり、信頼できるラベルであるといえるでしょう。

格付けラベルUMF

 UMFは、Unique Manuka Factor(ユニークマヌカファクター)の略で、ニュージーランドのマヌカハニー研究者ピーター・モラン博士により、マヌカハニーのグレードを示すラベルとして最初にできました。

 UMFの数値は、マヌカハニーの殺菌力と消毒液のフェノール溶液と同じ殺菌レベルであることを表しています。

マヌカハニー に特別な殺菌・抗菌効果があることは昔からわかっていたのですが、UMFが決められた当時は未だその抗菌力の成分については解明されていませんでした。 ですので、消毒液のフェノール溶液と比較で表していたそうです。

 UMFの数値は、UMF5+ からUMF25+ まであり、たとえば表記がUMF10+ なら10%濃度のフェノール溶液と同等の抗菌力があるということになります。(医療現場で用いられているフェノール溶液は3%前後)

格付けラベルMGO

 MGOはマヌカハニー特有の抗菌成分メチルグリオキサールのことです。 メチルグリオキサールは天然の抗菌物質であるとして2008年にドイツの研究機関によって発見され、新たな格付けラベルとしてMGOが生まれました。

 MGOのラベルを使っている主なメーカーはニュージーランドの大手はちみつ企業 Manuka Health社です。  MGOの数値はマヌカハニー1kgに対して、メチルグリオキサールが何mg含まれているかを示しています。

 MGOの数値は、MGO100+ からMGO500+ などがあります。たとえば表記がMGO100+ の場合、マヌカハニー1kg中に100mgのメチルグリオキサールが含まれていることになります。

UMFとMGOの選び方

 UMFとMGOの数値はどちらもマヌカハニーの抗菌活性力を表しています。数値が大きくなるほど抗菌力が強くなり、その分価格も高くなります。

 UMF6、MGO100 未満では、マヌカハニーとしての効果は期待できません。 マヌカハニーの中には、ほとんどメチルグリオキサールが含まれていないものもあるので、UMFの数値やMGO含有量を確認してから購入することがポイントです。

マヌカハニーの抗菌活性力を期待するならUMF13以上、MGO400以上のグレードが理想です。

 

   UMFとMGOの数値別レベル指標

UMF数値 MGO含有量(mg/kg) 効力の目安
UMF 6+ MGO 100+ 低レベルの含有量でお試しやマヌカハニーの味を楽しみたい方に
UMF 10+ MGO 250+ 日常の健康維持に役立つレベル
UMF 13+ MGO 400+ 風邪の予防や軽度の咳、のどの痛みに役立つ
UMF 16+ MGO 550+ 高レベルの抗菌活性で効果を期待できる

 換算値参照  “https://export-x.com/manuka-honey-umf-to-mgo-calculator/”

 

マヌカハニーの使い方

マヌカハニーの摂取方法

マヌカハニーは独特の風味で、抗菌レベルが高くなるほど少しクセのある薬っぽい味になるので苦手な方もいるようです。

そして一般の はちみつ よりも水分が少ないので、粘土があり濃厚な味わいです。 風邪の予防や健康管理のためには小さじ1杯のマヌカハニーを1日1~3回摂取します。

風邪をひいてしまった場合や病状改善には1日3~4回少し多めにとりいれます。 そのまま口に含んだり、ヨーグルトやフルーツに混ぜると食べやすくなります。

のどが痛いときにはマヌカハニーを口内に長くとどまらせるように、口の中でゆっくり溶かしながら少しずつ飲みこむとマヌカハニーの効果が発揮されやすくなります。

抗菌レベルの高いマヌカハニーは、のどの痛みや咳の炎症をやわらげ、粘膜を保護してくれます。

スキンケア対策として

マヌカハニーをスキンケア対策として使用する場合は、洗顔後の清潔な素肌にマヌカハニーを薄層で覆うように顔全体にのばしてパックしていきます。

15分ほどおいたら洗い流します。 マヌカハニーの殺菌作用がニキビや吹き出物を予防・改善したり、抗酸化作用と保湿効果でシワやくすみ、乾燥を改善し、お肌に活力をあたえてくれます。

 

 

マヌカハニーの注意点

マヌカハニー自体に副作用はありませんが、はちみつ にアレルギーのある方や、1歳未満の乳児に与えるのは避ける必要があります。

また、天然の糖分が多く含まれているので食べ過ぎは血糖値に影響を与え、糖尿病の方は注意した方が良いでしょう。

  • 1歳未満の乳児へ与えるのは避ける
  • 糖尿病の方は注意
  • 食べ過ぎないように適量を摂取
  • アレルギーのある方は注意

実際に食べた感想

化学物質でできている薬は身体本来の免疫力を下げてしまうので、できるだけ薬には頼りたくなくて、そこで出会ったのがマヌカハニーでした。 風邪のひきはじめや、少しのどが痛いくらいなら効果を感じられます。

私が最初に手にしたマヌカハニーはMGO100+です 。はちみつ としては食べやすかったのですがマヌカハニーとしての抗菌活性力を感じられませんでした。そして徐々に高い数値のものを試していき、ようやく効果を実感できたのはMGO400以上のマヌカハニーでした。

風邪の初期症状の際に、夜小さじ1杯のマヌカハニーを舐めると、翌朝はのどの痛みが軽減されているのを実感しました。この経験からのどの痛みを感じる日や、風邪・インフルエンザ流行の時期には特にマヌカハニーをとりいれるようにしています。

マヌカハニーのおかげか、最近では風邪をひきにくくなったり、のどの痛みや咳があっても、治りが早いなと感じました。

 MGO400+以上の抗菌力の高いマヌカハニーの飴も優秀です。勤務中や外出先で、のどが痛い時に舐めると口内の殺菌と、のどの痛みや炎症が緩和されます。 口内にとどまる時間が長い飴は殺菌効果が発揮されやすいのかなと思いました。

マヌカハニーパワーのまとめ

  • メチルグリオキサール(MGO)・・・他の はちみつ にはない優れた抗菌作用
  • シリング酸メチル・・・高い抗酸化作用で細胞の酸化を防ぎアンチエイジング
  • グルコン酸・・・腸の善玉菌を増やし免疫力アップ

 

マヌカハニーには過酸化水素(殺菌成分)に加えメチルグリオキサールが含まれることで、強力な抗菌活性力を持つと同時に、善玉菌を増やすグルコン酸や、抗酸化作用のシリング酸メチルとの相乗効果により、腸内環境を整え免疫力アップ、健康維持、アンチエイジングにも効果を期待できます。

マヌカハニーはビタミン類やミネラル、ポリフェノールなどの栄養価も豊富なので、継続してとりいれながら身体の機能を高めていきましょう。    

 

食生活アドバイザー。スキンケアスペシャリスト。温泉ソムリエ。アラフォー女性健康美容ライター。 ストレスから睡眠障害、喘息発症、帯状疱疹を患う。夫は進行性の神経難病を患っています。 これまでの経験から難病の進行抑制、心と体の健康、エイジング対策探求に情熱を注いでいます。
投稿を作成しました 169

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る